• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 最低5社は比較すべき!家庭教師の体験授業活用法

    家庭教師は最低5社を比較すべき 子どもに家庭教師をと考えた時には、できるだけたくさんの会社を比較検討してください。1年かけてでも、しっかり情報収集してください。たとえば本格的に受験勉強を始める1年前から情報収集するなど、早めの準備が必要です。

    2、3社ほど比較しただけでは、本当に子どもに適した家庭教師を見つけるのは困難です。失敗しない家庭教師選びには、保護者のリサーチ力が欠かせません。資料請求、体験授業を利用して十分に検討してくださいね。

    なぜ十分な比較検討が必要か


    子どもに充実した学習環境を与えたい、しっかりと効果を出したいという際には、十分な比較検討が不可欠です。最低でも5社以上はリサーチしておきたいところです。特に東京など都心部では、その環境に恵まれているはずです。少しネット検索すれば、非常に多くの家庭教師派遣会社が表示されることでしょう。授業料や実績だけで判断するのではなくて、実際に授業を体験したり話を聞いたりしてきちんと選択しましょう。

    家庭教師の場合には、マンツーマン指導であるという最大の強みがあります。その強みが生かされている会社かどうかなど、あらかじめチェックしておきたい部分です。また、会社によるサポートの充実、会社・家庭教師の得意分野は何なのかも重要です。それぞれに特色があり、比較することで見えてくるメリット・デメリットもあるはずです。

    体験授業でチェックすべき2つのポイント


    最低5社、ぜひ体験授業を受けて比較してみてください。その際にチェックしておきたい2つのポイントをご紹介します。

    1つ目は、家庭教師の選定についてです。これは主に派遣会社のチェックポイントなのですが、こちらの希望する家庭教師像にどうすり合わせてきてもらえるかです。当然理想像に近くても合わないことはあります。そういった時に、会社がどう対応してくれるかが重要です。これはつまり、家庭と教師のパイプ役がいかに機能しているかにつながります。

    2つ目は、家庭教師自身のマナーです。子どもとの相性云々は継続してこそわかる部分が多いので、体験授業のみで判断するのは現実問題として難しいものです。会社がきちんとしていれば、適宜対応してくれるはずですので、それよりも社会人としての一般常識を持ち合わせた人物かどうかを判断してください。当然それは、学生家庭教師であってもです。

    保護者のリサーチ、子どもの決定権


    ここまでは、保護者によるリサーチの徹底を推奨してきました。できれば1年ほどかけて、情報収集していただきたいところです。ただし、保護者のリサーチをもとに体験授業を利用した先には、子ども自身の判断を重視してあげてください。最終的に「自分が決めた」という事実は重要です。

    親の言うままに家庭教師を雇っただけでは、いつか勉強が嫌になった時、行き詰まりを感じた時に、すぐに辞めてしまう逃げ道へとつながってしまいます。子どもというのはプライドが高く、そして実はしっかりと責任感も持ち合わせているものです。自分が決めたことを簡単に辞めるとは言わないものです。

    そのため子ども自身に決定権を与えるのは、家庭教師や習い事に限らず何かを継続するうえで欠かせません。保護者がしっかりとリサーチしてどの会社・家庭教師を選んでも大丈夫な状態に持っていき、最後は子どもに選定を委ねましょう。

    家庭教師の体験授業活用法まとめ


    東京などの都心部では、子どもが学ぶための選択肢が多く恵まれた環境にあるはずです。きちんと選択して子どもにとって良い環境を整えてあげましょう。まずは保護者がしっかりと家庭教師についてリサーチしてください。その会社の良し悪しは、比較することで見えてくる部分も大きいものです。第一段階としては家庭教師を利用する目的を明らかにしましょう。

    そしてそれに対応できる会社を絞り込むことです。そのうえで、学習面、その他のサポートが充実している会社を選ぶこと、体験授業を受けて授業内容だけでなく家庭教師の人となりをチェックしてみてください。情報収集の過程が済んだら、あとは子ども自身の意思を尊重してあげましょう。