• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師を活用して東京都立高校受験に挑むには

    家庭教師を活用して東京都立高校受験に挑むには このページでは、東京都立高校受験に、家庭教師を活用してどのように挑むか考えていきます。

    一口に東京都立高校と言っても、難関大学への登竜門と言われる進学指導重点校から、専門課程を設けている高校まで色々な種類があります。

    今回は、特に入試対策にあたって注意が必要な、進学指導重点校の受験を視野に内容をまとめていきたいと思います。

    進学指導重点校を攻略して、大学進学を有利に進めましょう。

    特色ある東京都立高校入試と家庭教師の関係


    東京都立高校の一般入試は、基本的に5科目の共通問題で実施されます。ところが、進学指導重点校である日比谷・西・国立・立川・青山・戸山・八王子東の7校に関しては、国数英の3科目で自校作成問題を導入しています。

    そのため、3科目については、私立高校受験と同じような学校別の個別対策が必要になります。

    自校作成問題とは言え、基本的に使われる知識と技術は中学校卒業レベルです。したがって、まずは教科書レベルの問題を完璧に解けるようになることが重要です。

    その上で、各校とも独自方針に基づいてより深く考えさせる問題を出題してきます。同時に、理社についてはどの学校も9割レベルの得点率を要求してきます。家庭教師も、このことを熟知して対策を練らないといけないのです。

    東京だからこそできる家庭教師の都立高校入試対策


    東京都立高校の一般入試では、試験結果7割、調査書内容3割の配分で評価がなされます。
    調査書は中3時点での内容が反映されますが、調査書の結果を良くするのは一朝一夕というわけにはいきません。

    そのため、家庭教師にはテストの結果と合わせ、日常生活における学習態度までフォローすることが求められます。

    学習態度はどうしても学習意欲とリンクしており、まずは学習意欲をどうやって掻き立てるかが重要になります。

    幸い、東京には博物館や美術館などが集中しており、さらに教育系イベントも数多く開催されています。

    家庭教師には、日常の学習に加えて、こういった機会を使う非日常的な学習を取り入れるようにお願いしましょう。

    例えば面接で趣味について聞かれたときに、「博物館めぐり」などというキーワードが出せたら、学習意欲の高さが評価されやすくなります。

    都立高校入試に向いている家庭教師を東京で探す方法


    都立高校入試に向いている家庭教師を東京で探す場合、一番重視しないといけないのは家庭教師自身のバランス感覚です。

    しっかりと科目試験の対策をしつつ、博物館めぐりなどで知的好奇心を引き出せるような、オールマイティーな人材が求められます。

    理想的なのは、高校入学後もバランスよく勉強を続け、難関国立大学に受かるようなタイプと言えます。

    お子さんとの信頼関係と、勉強とのバランスさえ取れていれば問題ないので、現役大学生か社会人かはあまり問いません。

    さらに一歩踏み込むなら、大学での専門科目以外に、教養科目などもしっかりと学んできた家庭教師が理想的です。

    一番その点を評価しやすいのは、大学での成績証明書ですので、書類取得の実費を負担してでも取り寄せてもらう価値は十分ありそうです。

    まとめ


    都立高校は学費が安く、比較的同等レベルの生徒が集まりやすいことから、難関私立高校に受かるような生徒が都立高校の進学指導重点校に入学することも少なくありません。

    そのため、都立高校だからそんなに突出した学力がなくても合格するだろうと甘く見ていると、後で後悔することになります。

    家庭の経済状況や本人の適性を考えた上で、都立高校への入学を希望するなら一刻も早く対策を始めるようにしましょう。塾講師にはない家庭教師の機動性と柔軟性は、都立高校対策に打ってつけなので、活用しない手はありません。