• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師とは?改めて知っておきたい3つのこと

    tutor_knowledge_3things_00
    家庭教師は、自宅に先生が来て勉強を教えてもらう教育サービス。ご家庭の希望によっては、自宅以外の場所で授業をしてもらうことも可能です。学校の定期試験対策や受験対策、さらにスポーツや音楽といった専門的なスキルを磨くための家庭教師もあります。

    利用者についても、未就学児から大学生、社会人までと実に幅広くなっています。初めて家庭教師を利用する方や検討中の方向けに、家庭教師とはどのようなものか、基本的な部分を紹介したいと思います。

    家庭教師の特徴3つ


    1つ目は、マンツーマン指導であること。これが最大の特徴であり、さまざまなメリットにつながる部分でもあります。1対1で徹底的に指導してもらえるため、成績が伸び悩んでいる子どもでも成果が出やすくなります。生徒の理解度に合わせてカリキュラムを考えてくれるため、その子に適した学習スタイルを確立することもできるでしょう。

    2つ目のメリットは 時間の融通がききやすいところです。家庭教師との調整さえできればある程度曜日や時間の変更にも対応してくれます。定期テストや入試前だけ日数や科目を増やすといったことも可能です。

    3つ目は、メンタル面でのサポーターになり得る点です。自宅で毎週一緒に勉強することで、親密になりやすいのも家庭教師ならでは。子どもにしっかり向き合うという特徴からも、子どもの精神的な支えになる存在といえます。

    家庭教師の先生はどんな人?


    家庭教師にも種類があり、プロ家庭教師学生家庭教師、会社との契約か個人契約、といった分類ができます。単純に授業料で考えるならば、学生家庭教師との個人契約がベスト。

    しかし、プロならではの指導力、会社だからこそのサポートなども考慮すると、本当にコスパが良い家庭教師はどのパターンなのか、ということです。当然、学生家庭教師でも高い指導力を持つ人もいますし、低価格でありながらサポートが充実している家庭教師会社もあります。

    よく言われるメリットとしては、学生家庭教師は子どもとの年齢が近いため親しくなりやすいこと、プロ家庭教師は指導力が高く受験情報に精通している、などです。このような家庭教師の種類ごとの傾向を知ったうえで、実際に体験授業などを通して見極めるのがベストな方法です。条件はあまり良くないように見えても、子どもとの相性が良いことで、成果につながるケースもあります。

    家庭教師の費用相場


    教育サービス業界でも価格競争が激しくなっている昨今、家庭教師に関しても、授業料はピンキリと言わざるを得ないのが実情です。しかしおおよその目安を紹介するならば、1時間あたりの費用相場は以下のとおり。

    しかしおおよその目安を紹介するならば、1時間あたりの費用相場は家庭教師会社の場合には3,000~8,500円、個人契約であれば3,000~7,500円程度となっています。

    これは総合的な目安なので、学年ごとに異なりますし、地域によっても違いがあります。地方よりも東京など都心部のほうが高い傾向にあるのが一般的です。さらに授業のフォローアップなのか受験対策なのか、コースによっても授業料に差が出ます。

    東京の有名小学校や中学校受験を目的として利用する場合、月々の授業料が50,000円オーバーになることも。その一方で、利用の仕方によっては塾より授業料が安くなることもあります。

    まとめ


    家庭教師は自宅で勉強を教えてもらえるサービス。マンツーマン指導による手厚い指導、授業の融通がききやすいこと、メンタルのサポートをしてくれることなどが、メリットとして挙げられます。家庭教師の種類や料金もさまざまで、どう選べばよいのかわからない方も少なくないでしょう。

    そんな方には、体験授業をおすすめします。実際に授業を体験することで、先生と子どもとの相性だけでなく、そもそも家庭教師という学習方法が子どもに向いているのか否かを判断できます。複数の会社を比較するために、まずは資料請求をされてみてはいかがでしょうか。