• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 新学期だからこそ利用したい家庭教師

    新学期だからこそ家庭教師

    新学期は新たなスタートということで、なんだかわくわくする時期であり、勉強に対する意欲も高まりやすいタイミングです。それを上手く利用して、成績アップ・学力向上につなげていきましょう。

    わざわざ通う必要がない、マンツーマン指導で手厚い指導など、家庭教師にはさまざまなメリットがあります。東京などの都心部では教育熱心なご家庭も多く、より良い学習環境と塾よりも家庭教師を選択されるケースが増えているようです。

    新学期に意識するべき勉強方法


    新学年、新学期のスタートと同時に家庭教師を利用するご家庭が多くなっています。これから検討する場合にも、家庭教師の場合には決して遅いということはありません。むしろ、新生活の様子が分かったうえで家庭教師選びをされた方がプラスに働くこともあります。なぜなら、部活動や宿題の量などをふまえて家庭教師の利用の仕方を考えたほうがスケジューリングしやすくなるためです。

    何事も始めが肝心なので、新学期に良いスタートを切れるかどうかは、その後の勉強の意欲に大きく影響してきます。一度つまずいてしまうと、授業についていけなくなったり、やる気が軽減したりします。

    そこで、マンツーマン指導の家庭教師を利用することで、しっかりと授業のフォローをしていくことが大切です。分からない部分を分からないままにしないこと、きちんと誰かに質問できる環境づくりが欠かせません。


    子どものやる気を持続させることが大切


    新生活に期待すること、いろいろなことにチャレンジしたくなる気持ちというのは、大人も子どもも同じです。新学期に訪れる子どもの前向きな意欲を利用しない手はありません。この時期に家庭教師を検討し、本人の決断として利用を開始することも重要なポイントです。友人の影響、受験の時期だからなんとなくという動機づけでは、やる気はそう長く持続しないでしょう。「自分でやろうと思って自分で決める」、この考えや過程が大切です。

    そのため、家庭教師選びにも積極的に子どもを巻き込んだ方が良いと言えます。家庭教師選びの際には、保護者としての目線も重要ですが、本人の意見を無視するわけにはいきません。

    また実際、子どもと相性の良い家庭教師を選択した方が結果につながりやすいというのはよく言われることです。やはり、子ども自身がしっかりと比較検討することは欠かせない要素と言えるでしょう。


    家庭教師を選ぶなら早めに


    あらかじめカリキュラムが組まれている塾と違って、家庭教師の場合は、学校生活が始まってから検討しても遅くはありませんし、それがプラスになる部分もあります。

    ただし、長期休暇から新学期・新学年スタートの時期は、家庭教師への問い合わせが殺到するタイミングでもあります。曜日や時間の指定がある場合には、少し早めに検討された方が良いかもしれません。理想の先生が見つかっても、希望の日時で授業を受けるのが難しいこともあるからです。

    もうひとつ、家庭教師を「早めに」利用したほうが良いというのは、勉強のつまずきに関連しても言えることです。苦手な部分は早めに、きちんと解決しておかなくてはなりません。たったひとつのつまずきでも、その科目自体に苦手意識を持ってしまうことが十分考えられます。そのため、早めに家庭教師によるフォロー体制を確立しておくといいでしょう。


    まとめ

    誰もがやる気に満ち溢れる新学期は、家庭教師の利用を始めるのにも絶好のタイミングだといえます。また、始めの段階でつまずくと授業についていけなくなり、やる気が低下することも考えられます。

    そこで、家庭教師によるフォロー体制を整えておくと、モチベーション維持がしやすくなります。子ども自身のやる気が感じられるうちに、一緒になって家庭教師選びをしてみましょう。東京には非常に多くの会社がありますので、資料請求を一括で行なうなどして、そこから絞り込んでいくとスムーズでしょう。