• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 医学部受験には医学部生の家庭教師を選ぶべき?

    医学部生の家庭教師を選ぶべき 医学部受験を無事突破した人の中には、医学部生の家庭教師に教えてもらっていたという人が少なくありません。これは各大学によって特色があるのはもちろん、医学部ならではの入試への臨み方というものもあるので、現役医学部生に授業をしてもらうのが有利に働くことがあるためです。医学部生を家庭教師に選ぶことのメリット、そして医学部専門予備校との比較についても解説したいと思います。

    東京の医学部受験には優秀な先生を


    言うまでもないことですが、医学部受験は超難関です。人並みの勉強では足りないと考えるべきですし、一般的な学習塾ではカバーしきれないというのが現実でしょう。その超難関といえる東京の大学に合格した家庭教師というのは、当然超優秀です。

    もちろん、超優秀な医学部生イコール超優秀な家庭教師というわけではありません。ただし医学部に合格した学生たちは、少なくとも難関で特殊な医学部受験を突破した経験があります。それは、彼らの強みといえるでしょう。

    他の優秀な家庭教師と比較しても、医学部合格という経験は、指導をするうえで大きなメリットとなり得ます。先生自身が医学部受験に向けて学んできているため、入試に向けての学習ポイントを押さえているはずです。これが授業に反映されるとすれば、それは非常に大きな利点となるでしょう。

    医学部生の先生は身近な目標に


    実際に医学部に合格した家庭教師ならば、生徒が先生に対する信頼感を持ちやすいのもメリットといえます。それが志望校であればなおさらです。また、分かりやすい目標となるため、モチベーションアップもしやすくなります。

    家庭教師はマンツーマン指導なので、学習塾や予備校などよりも距離が近く、身近な存在といえます。場所も自宅ということでより親密さが増すのも、家庭教師ならではです。そんな存在の家庭教師が医学部生となると、「自分も頑張ってこんな人になろう」といったイメージが沸くことでしょう。

    毎週決まって勉強を教えてもらう現役医学部生を身近なロールモデルにすることで、勉強に対する意欲が維持しやすくなるはずです。医学部受験は難関がゆえに、早くから受験勉強を始めるのが基本です。そうなると道のりも長くなるため、モチベーション維持というのは欠かせません。

    医学部受験予備校との比較


    医学部受験を考えたとき、専門予備校と比較される場合が多いかと思われます。医学部受験予備校の良さは、大学入試の情報量が豊富な点や模試が受けやすい点です。受験に特化しているため、さまざまな情報量に関しては頼れる部分です。模試の情報などもすぐに手に入るので、自ら調べて申し込みをして、といった手間が省けます。また、周りに目に見える形でライバルの存在が確認できるのも、生徒のタイプによってはメリットとなり得ます。

    ただし周囲の雰囲気が悪い場合に流されやすかったり、プレッシャーに弱かったりするタイプの場合などは、集団スタイルが裏目に出ることも。このあたりは子どもの適性に合わせる必要がありそうです。そして、多くの予備校では集団授業となるため、家庭教師ほどの手厚い指導というのは期待できません。直前講習などを活用して追い込みをかけるのには向きますが、基礎からきちんと積み上げていく段階では家庭教師のほうが確実だといえるでしょう。

    まとめ

    最難関レベルとされる医学部受験においては、人並み以上の勉強と最高の学習環境が必要だといえます。家庭教師や塾、医学部受験予備校など選択肢はさまざまですが、身近なロールモデルとなり得る優秀な医学部生による家庭教師という選択は非常に大きな強みとなるでしょう。

    医学部合格に向けての勉強には、長い期間を要するのが一般的です。その中で、信頼できて目標となるような人物が身近にいるのは大きいはず。ただいずれの選択をする場合でも、医学部受験を視野に入れている場合には早めに学習環境を整えるのが要です。