• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師がつなぐことのできる不登校児の可能性

    家庭教師がつなぐことのできる不登校児の可能性 年々増加している傾向にある不登校が、東京だけではなく日本全国で社会的な問題になっていることを多くの方がご存知のことと思います。

    不登校となってしまう背景としては、心理的要因・家庭環境などによる要因・発達障害や学習障害に伴う要因などさまざまなものがありますが、不登校をただ受け入れるのではなく、家庭や学校からの協力をベースに家庭教師によるサポートを取り入れ、子どもが持つ可能性を未来へつないであげるというアプローチを図ることが大切です。

    海外の先進国に学ぶ不登校児への対応


    現在、日本の中学校では、1クラスに1人程度が不登校児に該当するとも言われています。もちろん不登校などの問題は何も日本の教育現場だけでの問題ではなく、欧米でも同様に存在する問題です。

    しかし、その対応方法は、社会のしくみや学校制度の違いを背景に異なっており、ドイツ・イタリアを始めとするヨーロッパやアメリカなどの先進国では、不登校が続くと警察による家庭調査が入り、不登校の理由によっては裁判や事件などに発展するケースも多く見られます。

    また、フリースクールや家庭教師などによる自宅教育も、医療機関や行政に認められている正式な教育方法であることが多くなっています。人生の基盤ともなる義務教育期間には、学問以外にも多くの学ぶべきことが存在します。

    専門機関や家庭教師による学習面のサポートやメンタル面のケアは何よりも大切ですし、子どもたちの将来を見据えた環境作りを周りが自然な形で手伝ってあげることが、不登校という悩みを抱える子どもへの重要なアプローチとなります。

    家庭教師という「他人」のみが築くことのできる人間関係


    東京に限らず増えている不登校には、思春期にありがちな学校での友人関係の悩み、何となく日本の社会に馴染めなく不安を感じている、具体的な理由がないものの学校にいく気力がない、などさまざまな背景があげられます。

    しかし、1人1人の子どもによっても不登校となった背景は異なりますし、家族・学校の先生・友人だけでは問題を解決できない場合もあります。

    移ろいやすい思春期で意外と大切となるのは、本当の自分でいることができる「他人」との接触。比較的年齢が近い家庭教師、適度な距離を保つことのできる家庭教師、同じような経験を持つ家庭教師という存在が、不登校児の心を開いたり、やる気を触発したり、身近な相談相手として良い影響を与えたり、とプラス方向に働くことも多く見られます。何事も無理強いは禁物ですが、不登校児の心理を理解しようと試みることで、きっと解決策が見えてくるはずです。

    家庭教師を上手に利用して視野を海外や別分野に向けてみる


    不登校になってしまう原因にもいろいろなことがあげられますが、もしお子さんが不登校になってしまっているのが日本社会や日本特有の文化への疑問やわだかまりである場合、早い段階で将来の活路を海外に見出すことも有効な方法です。

    家庭教師のメリットでもある柔軟性を活用して、語学教育に重点を置いた教育や積極的に海外での進学準備に取り組むことも可能です。また、不登校の隠れた原因として、軽度の学習障害や発達障害などもあげられます。家族や本人が自覚できていないケースも多く、「苦手なこと」や「クラスに馴染めないこと」が無意識に強い劣等感や自信喪失に繋がっていることもあります。

    医療機関などの専門機関による見解、学校や家庭教師の意見を真摯に受け止め、いわゆる「一般的」な概念にそぐわなくとも、子どもの才能や興味を伸ばすことのできる別分野に視野を向けてみることが不登校解決への第一歩となるかもしれません。

    まとめ


    実は多くの不登校児が、本当は学校に通いたい、自分の好きなことを極めたい、新しい環境で別の可能性を見出したい、などというポジティブな想いを抱いていることをご存知でしょうか。

    東京にも、不登校児に特化した経験豊かな家庭教師が多く存在します。学校に行かない間の学習面でのケアはもちろん、お子さんが少しずつでもしっかりと進み出していけるきっかけを作ってあげるためにも、まずは家庭教師探しから始めてみてはいかがでしょうか。