• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 家庭教師の選び方とタイプ別のメリット

    家庭教師の選び方とタイプ別のメリット

    どの家庭教師会社が良いのか、どんな先生を選ぶべきなのか、なかなか難しい問題です。親自身ではなく子どもにとってどうなのか考えなくてはならないので、余計に判断がしづらいことでしょう。
    さらに東京には非常に多くの会社があってプランも多様化しているため、なかなか即決しにくい環境ではないでしょうか。


    今回は、家庭教師のタイプ別にその特色を紹介します。家庭教師選びには総合的な判断が必要ですが、1つの選択基準にしてもらえたらと思います。


    教員免許を持っている


    教員免許を所有する家庭教師の場合、学校教育に精通している、子どもとの接し方が上手いなどの特徴が考えられます。これらは、学校教育に詳しいため定期テスト対策に強い、子どもとの関係が築きやすいといった大きなメリットにもつながります。


    特に関係の構築は家庭教師として欠かせない能力で、子どものやる気を引き出すうえで重要です。教職課程では「教育心理学」等の名称の科目があり、子どもの気持ちに寄り添う術を学んでいるはずです。


    保護者としても、教員免許所有者であれば安心感もあるでしょう。少なくとも子どもの教育に携わろうという考えを持っているでしょうし、教育に関する一定の知識も持っています。ただし家庭教師を選ぶ際は、受験対策に強いか否かもチェックするべきです。一般的な学校の先生は入試向けに授業を行う経験がないため、そのあたりをカバーできるかどうかはチェックすべきポイントになります。


    志望校の卒業生・現役生


    子どもの志望校出身の先生や現役生を選ぶというご家庭も少なくありません。実際、志望校受験において有効に働くことがあります。やはり教師自身も経験があることで、受験の傾向を理解していたり分析しやすかったりするからです。入試問題には学校ごとに特色があり、問題の傾向はそう急に大きく変わるものではありません。

    そのため受験経験者であるということは、その学校の受験対策には強いと考えて良いでしょう。また家庭教師が現役生の場合には、身近に目標となる人物がいることでモチベーションアップにもつながります。


    高学歴だからと言って人に教えるのが得意かどうかは別問題なので、先生の出身校にこだわり過ぎるのは良くありません。しかし志望校出身者という強みが活かされるのであれば、家庭教師選びのポイントに入れてしまっても良いでしょう。


    プロ家庭教師


    よくある比較ポイントとして、プロ家庭教師か学生家庭教師かという問題があります。基本的な違いとしては、プロは家庭教師を生業としており授業料も高めに設定されている点です。プロを選択する場合の大きなメリットとしては、経験や実績と責任感の強さだと言えます。


    当然、学生よりも勉強を教える経験が豊富なケースが多く、過去の合格実績を売りにしている教師も少なくありません。それはやはり、ひとつの選択基準としても良いでしょう。


    ただ特に注目したいのは、実は責任感です。家庭教師を本業としている以上、先生自身も結果を出そうとするはずです。
    入試の研究をしたり授業の工夫をしたりと、生徒やその家庭に対して責任感を持って仕事に取り組むことでしょう。その点で学生がダメだということではありませんが、やはりプロとの意識の差が生まれるのは当然とも言えます。


    まとめ


    東京には家庭教師会社が点在しており選択肢が豊富です。恵まれた環境である一方、選択するのが難しい部分もあります。実際には、料金面や会社のサービスなど、先生の特色以外にもチェックポイントがありますが、先生選びの指針をひとつ定めておくとぐっと絞り込めるはずです。


    最終的には体験授業等を通して決断するのが望ましいですが、選別をスムーズにするためにも、先生の条件をあらかじめ相談しておかれると良いかもしれません。