• 基礎知識

    東京の家庭教師一覧

  • 短期間でも家庭教師を有効に利用する方法

    家庭教師を利用する
    教師と生徒が1対1で学ぶメリットは、信頼関係のうえに、子どもの苦手に徹底的に向き合って確実に学んでいくところにあります。これは家庭教師に期待できる効果としても大部分を占めるでしょう。

    長期間継続しなければ家庭教師を活用できないのかと言えば、実は短期間でも賢く活用できることがあります。どんな時に家庭教師を利用するべきか、その際の家庭教師の選び方についても見ていきましょう。

    学習の習慣を身につけるために


    まずは、子どもに学習の習慣を身につけさせるための利用法を見ていきましょう。タイミングとしては、進学前や進級前、受験勉強を始める前段階としてなど、いくつか考えられます。もしくは、宿題すらままならない子どもの場合にはまずは家庭教師を利用してみるのもひとつの方法です。

    自主的に学習する習慣を身につけるには、自宅で勉強するルーティンを作ってしまうのが良い方法です。塾に通っても、本人にやる気がなければその習慣がスムーズにつくとは言い難い部分があります。一方、たとえ数か月でもしっかり家庭教師と自宅で勉強する時間を設定してしまえば、自然と習慣化されやすくなります。

    こういった目的の場合には、子どもがいかにその先生との時間を楽しめるかが要となります。ですので、どちらかといえばいわゆる「プロ家庭教師」よりも子どもの年齢に近い学生家庭教師のほうが打ち解けやすいという面で良いかもしれません。

    長期休暇に活用する


    春休み、夏休み、冬休み、そういった短期間に家庭教師を活用することも可能です。その際は比較的授業日数を多めにした方が良いかと思います。短期集中ということで、苦手な部分を徹底的に潰していく勉強法を取りたいところです。より効率的に家庭教師を利用するには、親か子ども自身が苦手とする分野をきちんと把握しておくことが重要です。その旨をある程度詳細に、申し込み時や面談時に伝えておくとスムーズになります。

    また、つい乱れがちな休暇中の生活習慣を整えるためにも、家庭教師を利用するのは有効だと思われます。その勉強時間を中心に、休暇中の過ごし方をスケジューリングできると良いでしょう。

    こういった場合には、子どもの「つまずきポイント」を見極め、短期間で効果的に克服していく必要がありますので、経験や実績のある家庭教師を選びたいところです。

    入試前の追い込みに


    入試前なら、ある程度志望校に向けて勉強を進めてきているはずです。確実に点数を取るため過去問を解いて本番に備えたいところです。塾の直前講習なども有効でしょう。

    しかしさらに点数アップさせたいのなら、やはり苦手な単元を克服することです。いつも点数を落としがちだったり、解くのに時間がかかったりする部分に絞って勉強するのが重要です。そういったことを入試前に塾で対策するのは難しい部分もあります。その点、個別対応という家庭教師の強みを利用すれば最後の追い上げも可能となります。

    東京の難関校の入試に向けて対策するとすれば、プロの家庭教師に依頼するのが賢い選択でしょう。豊富な経験・情報量を持ちあわせているほうが有利だからです。受験対策コースのある会社に絞って検討してみるのも良いでしょう。

    まとめ


    たとえば東京の難関私立中学などは、様々な知識を組み合わせて答えを導き出す思考力が試される問題が出題されます。そのような複雑な問題に挑戦するにも、まずは基礎的な学力、自分で問題に向き合って考えていく力が重要です。そしてその基礎的な力を養うには、まずは学習の習慣化です。自宅で家庭教師と勉強するというのは、まさに有効な方法だと考えられます。

    そのため、たとえ短期間でも自主学習の習慣を身につけたり、苦手の克服をしたりする面では十分利用価値があると言えるでしょう。